ランキング上位を狙え|マンション管理会社で安心の投資生活

マンション

中小でも良い会社がある

男性

大手は大規模型が多い

マンション管理会社は主に、分譲や賃貸のマンションを管理しています。この管理会社も分譲マンションでは、毎年管理受託戸数のランキングが発表されており、上位の大手マンション管理会社は同じ会社が入っています。これは、都市圏を中心とした大規模な団地型の分譲マンションを管理しているデベロッパー系列の会社となっています。ランキング上位の中でも独立系の会社も数社が入っており頑張っているようです。しかし、管理会社を選択する際には通常大手は管理戸数の多いマンションや、分譲価格の高いマンションを管理している事が多く、戸数が少ないマンションの管理受託は少ないようです。この様にマンション管理会社にも大手から中小のマンション管理会社までありますので、自分のマンションと比較して選択をしましょう。

管理会社は変更可能

マンション管理会社もランキングで表されていますが、管理受託戸数や受託戸数の伸び率が多い会社順のランキングのみで、実際の管理状況については個々のマンションを確認して見ないと判りません。マンション管理会社は管理組合より、総会で毎年管理を依頼するように契約をしていますが、管理状況が余り良くない場合には変更することも可能で、複数の管理会社より見積書を取られる様にしましょう。最近は、マンションの新規着工戸数も伸び悩んでいるため、多くの管理組合で管理会社を変更しようとする動きがあり、金額の安いだけの会社ではなく、管理の中身を重視されて選択されているようです。そのために管理会社も様々なサービスを提供し初めてきており、どの様なサービスを自分のマンションにしてくれるか確認しましょう。

成功するために必要なこと

電卓

賃貸経営を行なうには、家賃相場を調べるなどの知識が必要です。また、住みやすい環境づくりを行なうことも重要となってきます。入居者が決まらないことには、経営が成功しないからです。情報収集することも大切です。

詳しくはこちら

様々な機会の活用を

セミナー

不動産投資セミナーはとても有益となっています。こうしたセミナーによって投資に関する知識を上手く得ることが可能となります。投資に関する手続きを知ることは、とても大切なこととなります。手続きに強くなりますと、不動産投資がより身近になります。

詳しくはこちら

賃貸住宅は経営次第です

不動産

大都市部では今後も世帯数は増加する見込みであるため賃貸住宅経営による相続税対策はまだまだ有効なのです。賃貸住宅経営において家賃保証をする業者もありますが、不動産オーナーは経営者としてきちんと収入が得られるかどうか、そのために何をすべきかをよく考えることが大切です。

詳しくはこちら